MENU

吹田市 かやしま歯科クリニック
診療時間






矯正歯科・小児矯正歯科

当院で対応可能な矯正治療のご説明や
小児矯正歯科についてのご紹介です。

矯正歯科について

当院では、矯正歯科にも対応しております。

矯正歯科治療では、不正咬合を正常咬合にすることを目的に治療を行います。
不正咬合とは聞きなれない言葉だと思いますが、悪い歯並びの総称で、咬み合わせがずれてしまっている状態を指します。
そして不正咬合は咀嚼や呼吸などにとどまらず、姿勢や運動機能など全身の健康に大きな影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。

歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な体と心をつくるための歯科治療なのです。

矯正歯科

当院では、ワイヤーを用いた一般的な矯正方法から、透明に近いマウスピース型のカスタムメイド矯正装置をつけて治療を行う「インビザライン」など、患者さんのニーズに合わせた矯正方法をご提案させていただきます。
先ずはお気軽にご相談ください。

対応可能な矯正方法

一般的な矯正治療

一般的な矯正
(ワイヤー矯正)

ワイヤー矯正は一番オーソドックスな矯正方法です。
上アゴおよび下アゴの両方の歯の表側に矯正装置を付けて治療を行います。

ワイヤー矯正の仕組みは、まず、ブラケットと呼ばれるパーツを接着剤で歯の表面に固定します。そのブラケットにアーチ状のワイヤーを通し、ワイヤーのしなる力を利用して歯を動かしていきます。時にはゴムやバネなどの力を借りて、まるでレールのようにワイヤーに沿って歯を動かし、目的とした歯並びに改善していきます。

ワイヤー矯正の歴史は古く、多くの研究開発が進んでおりますので、様々な歯並びに対して矯正が可能です。
また、ブラケットには金属のもの以外にも、透明のプラスチックやセラミック性のものもあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

当院ではマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を用いた矯正方法にも対応しております。

この矯正方法はインビザライン・アライナーと呼ばれる透明なマウスピース型装置を用いるので、治療中であることが気づかれにくい矯正です。また、取り外し可能なため、食事の際は自由に外して食事を楽しむことができ、歯みがきも普段通りにできます。

約2週間ごとに新しいインビザライン・アライナーに交換する事で歯を動かしますが、歯並びによって適応できない場合もあります。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

部分矯正(MTM矯正)

部分矯正(MTM矯正)

部分矯正とは、小矯正とも呼ばれる矯正方法です。
通常の矯正治療が全ての歯を動かして理想の噛み合わせに導く口全体の矯正に対して、部分矯正(MTM矯正)は移動させたい歯だけをピンポイントに狙って、目的に応じた矯正を行います。
動かす歯は基本的に1本から上下で数本ほどで、固定源となる歯やその他の歯の移動を最小限に抑えます。そのため治療期間は他の矯正と比べ短期間です。
また、本来であれば抜かねばならいような歯をできるだけ長く使うえるよう、歯を動かす事も可能です。

ミニインプラント矯正

歯科矯正用アンカー
スクリューを用いた矯正

アンカースクリュー(矯正用小型インプラント)を顎の骨に埋め込み、それを固定源として歯を動かす矯正方法です。
短期間かつ効率的に歯を動かすことができるので治療期間を大幅に短縮することができます。
また、その他の矯正治療との併用が可能です。

この矯正方法は、固定源を顎にもってくることで動く必要性のない歯を動かすことなく、周囲の軟組織への刺激が少ないのが特徴です。粘膜のキズが治るとすぐに使用を開始することができ、矯正終了後アンカースクリューを撤去します。

ちなみに、今までの矯正治療が困難とされていた、大臼歯の圧下・近遠心移動もこの矯正方法では可能で、抜歯の可能性を低くすることもできます。

小児矯正歯科について

小児矯正歯科は口元、顔の形、歯並び、咬み合わせを良くし、自分の歯で一生かめるようにすることを目的としています。

大人の矯正とは異なり、小児矯正は早期(小児期)から矯正治療を始める事で発育を利用してより理想的な噛み合わせに近づけることができます。それにより歯の抜歯や外科矯正(骨を切って治す矯正)になる可能性が下がります。

当院では、悪くなった歯並びの矯正に加え、歯並びに悪影響を及ぼす悪い癖の矯正や正しい舌の位置の獲得などのトレーニングも行います。

そして、一番重要なことは小児矯正治療は、本人の「治したい」という意志とご家族の協力が不可欠ということです。
矯正治療は、治療期間も長く、歯磨きや食事に気を遣い、担当医の指示通り装置を取り付けたり、歯磨きをしなければ治療は予定通りに進みません。患者さまと担当医が協力して一緒に治していくものです。
治療を始める前に費用や期間、装置についてなどわからないことは、お気軽にお尋ねください。

小児矯正歯科

お子様はこのような
歯並びではありませんか?

上の前歯が極端に前に出ている

上顎前突(出っ歯)

下の前歯が極端に前に出ている

下顎前突(反対咬合・受け口)

歯の向きや位置が乱れている

叢生:そうせい(八重歯・乱ぐい歯)

歯と歯の間に隙間ができている

すきっ歯

口を閉じていても歯が閉じない

開咬

嚙み合わせが合っていない

交叉咬合(こうさこうごう)・過蓋咬合(かがいこうごう)

小児矯正の種類

小児矯正歯科には、下記のような「第1期矯正治療」「第2期矯正治療」という2種類の治療時期に分けられます。

第1期矯正治療(6歳頃~13歳頃)

乳歯と永久歯が混じって生えている時期なので、歯並びを整えるというよりも、きれいに永久歯が生えそろうよう下準備を行う時期です。

第1期矯正治療で用いる矯正器具は取り外し可能な装置で、土台となる顎の成長を利用して広げるたり形を整えることを目的とします。その他にも噛み合せや歯並びに悪影響を及ぼす癖の修正なども行います。
その後、永久歯が生えそろうまで経過観察し、次の第2期矯正治療に移ります。

第1期矯正治療

第2期矯正治療(13歳頃~成人)

永久歯が生えそろったらスタートするのが、第2期治療です。
ワイヤーで固定する装置をつけて歯を動かす本格的な矯正をします。
この時期に行う治療は最終的な矯正治療となります。

治療方法は大人の治療と同様となりますが、顎の成長がまだ残っている時期なので症例によっては効果的に治療が可能です。

基本的には、第2期矯正治療を視野に入れて第1期矯正治療を行いますが、場合よっては第2期矯正治療の必要が無いお子様もいます。

第2期矯正治療

幼い頃から矯正を始める
5つのメリット

①矯正に最適な時期を見逃さない

歯の生え方や顎の成長具合など、矯正を始める最適な時期はお子様によって様々です。そのため、矯正の検診を幼い頃から受けることで、適切な矯正時期を見逃さずに治療ができます。

②抜歯の可能性を減らすことができる

大人の矯正では顎に十分な大きさが足らず歯並びが乱れている場合、抜歯をしてスペースを作る必要があります。しかし、お子様の矯正は顎の成長を利用し、最適な顎の位置や大きさに導くことができますので抜歯の可能性が低くなります。

③成人矯正に比べ痛みが少なく効率的

子どもの骨は軟らかく、これは歯を支える骨においても同様です。その特性から大人になってからの矯正に比べ、痛みを抑えることができ効率的に歯を動かすことが可能です。

④歯並び以外の発育にも効果的

幼少期における筋肉と骨の成長は早く、この時期の噛み合せは顔全体の形成に影響します。つまり、早い時期から矯正を始め理想的な噛みあわせにすることは、見た目だけでなく顎関節の機能や呼吸方法などを正常に発育させることに繋がります。

⑤虫歯、歯周病の予防もできる

矯正中は定期的に歯科医院にお越しいただきますが、その際に虫歯の検診も行いますので虫歯予防にも繋がります。また、矯正治療後の整った歯並びは歯みがきがしやすく、大人になってからも虫歯・歯周病に強いお口づくりができます。

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00

【休診】木曜、日曜、祝日 △=14:00~16:30 
※祝日のある週は木曜も診療

〒565-0837 大阪府吹田市佐井寺南が丘17−6
関西スーパー 佐井寺店敷地内